人の印象は5秒で決まる!?

こんにちは

プロフォトス by 瀬古写真館 レタッチャーの依田です。

レタッチャーって書いてあるので言うまでもないのですが
私の職務内容の多くは、レタッチです。

ですが、他にも色々な仕事をしていまして
例えば、採用試験や面談、就業体験の対応などがあります。

つまり、初対面の人とあって、その人の事を判断する仕事ですよね。

筆記試験や、実技試験などをやってもらったり
就業体験だと、一緒に仕事をしたりするのですが

第一印象って、結構合ってるなーって思う事が良くあります。

これって、他の言い方をすると
第一印象によって、その人に対する認識が決まる。
とも言えますよね。

「メラビアンの法則」というアメリカの心理学者が提唱した概念があるのですが

どんな概念かと言うと

【人物の第一印象は初めて会った時の3秒〜5秒で決まる】

また、その第一印象は、ほぼ視覚情報によって決まる。
という事です。

恐ろしいですよね。
私自信、こういう経験があります。

初めて職場見学に言った時、たまたま体調が悪くて、不健康そうな顔をしていたので
その後しばらく「身体が弱そうな子」と思われていました。

実際の所は、超健康児なのですが、初めてあった人はそんな事知らないので
その時の印象で判断するのですよね。

 

このような第一印象で決めるメカニズムって、何でおきるのだろうと考えてみましたが。
人は、「この人はこういう人」って、カテゴライズする事で
それ以上考えなくていい状態になりたいのかなと。

初めて会った人を理解するのって、結構頭が疲れる作業なのですよね。
どういう人だろう? こうかな、ああかな?って考えるより
「こういう人」って、既に頭の中にある枠組みの中でカテゴライズするのが
手っ取り早いですし、楽ですよね。

で、「こういう人」って決めるのが、ほとんどが見た目によって
という事なのだと思います。

少しまとめてみます。

【人に対する印象は、初めて会った時の見た目で、一瞬にして決まる。】

はい。

もちろん、それだけで決まるとは思いませんが
印象が良いか悪いかでは、どちらのほうが就職活動には有利かなんて自明ですよね。

例えば、具体的に人間には「認知バイアス」があるので
印象悪いと、その後の面接とかで不利になります。

ちょっと例えが悪いですが、印象良い人と悪い人がどちらも欠勤したとします。

良い人 → 何かどうしようもない事情があったのだろう
悪い人 → サボりだな。

このような「決めつけ」は良くない事とは皆分かっていますが
心の中ではそう思っている可能性が高いです。

でも、人からどう見られているか?という事を意識しているのかという事は
他者意識にも繋がる事だと思うので、ビジネス上重要な事ですよね。
印象が良く見られるのも実力です。

じゃあ、どうすれば印象が良くなるか。
凄く簡単なのは、「笑顔」でいる事、ですね。

自分が人に話している時に、暗く俯いている人と、笑顔で頷いてくれる人
どっちが印象良いですか?

笑顔が苦手な人は、まず口角(口の端)を少し上げる練習をしてみましょう
不自然に上げすぎると、不気味なので、ほんの少しで大丈夫です。
鏡を見たり、写真をとって練習してみて下さい。

口の形って、思いのほか心の中が出ちゃってるんですよね
気にくわない時はへの字に、拗ねている時は尖ってたり。
で、笑っている時はほっぺたが持ち上がる位、口角が上がってますね。

 

証明写真を撮影する時も、いつも口角を上げてもらってます。
はい、今携帯・スマホで自分の顔を口角上げて撮影してみて下さい。
良い表情で撮れましたよね?

 

という事で、今日はここまでです。
それではまた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
証明写真 就活写真 お受験写真
プロフォトス by 瀬古写真館

〒460-0011
【本店】
名古屋市中区大須1-20-24
052-211-0202
【名東区】
名古屋市名東区新宿1-309
052-703-1186

http://www.prophoto-s.com/
http://www.photosekostudio.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました